ルイヴィトンマフラースーパーコピー

カテゴリー別にお買い物

創業者のルイヴィトンマフラーは1821年フランス生まれ。最初の旅行鞄専門店『ルイヴィトンマフラー』を創業し、現代ではスーパーブランドの王様とまで呼ばれるようになった。その歴史はルイ少年の14才の家出が始まり。憧れのパリの街で30を過ぎたルイヴィトンはパリ、ヌーブ デ キャプシーヌ通り4番地に旅行鞄専門店を設立。ルイヴィトンマフラー幅広い人気とともにコピーされる新作に対し、「登録商標ルイヴィトン」の文字を入れた市松模様「ダミエ キャンバス」を創作。その後2代目ジョルジュ ヴィトンのアイデアで、「モノグラム」が誕生しました。LVのロゴや、花?星を組み合わせた。モノグラムの柄は、ルイヴィトン マフラー日本の家紋からインスピレーションしたと言われています。